1.伊豆、熱海

伊豆・熱海は、静岡県の伊豆半島にある市で、伊豆は伊豆半島最大の市となっていますし、熱海市は伊豆半島と東京近郊をつなげる、日本でも有名な湯治場となっていて、伊豆市も熱海市も、静岡県でも主要な市となっています。また伊豆は、伊豆市をさす時もありますが、特に観光に際しては伊豆半島全体を「伊豆」と呼ぶことが主流となっています。そして伊豆半島を東伊豆、南伊豆、西伊豆、中伊豆の地方に分け、それぞれの地域で観光名所を設定することが、通常の観光表記となっています。
伊豆・熱海といえば、なんといっても温泉です。特に熱海では、千数百年前から温泉が湧き出ていて、日本でも有数かつ歴史ある湯治場となっています。あの徳川家康も、熱海の温泉に入ったという記録が残っているほどです。また伊豆・熱海地方は温泉も豊富なうえに、穏やかで温暖な気候のため、多くの文化人が古くから愛してきました。特に明治から大正、昭和初期にかけては日本を代表する文豪が伊豆や熱海に滞在し、多くの名作を生み出してきています。例えば伊豆なら、なんといっても川端康成の「伊豆の踊子」です。川端康成は、この「伊豆の踊子」を執筆するために、伊豆にある湯ヶ島の旅館に4年半という長期にわたる滞在をしました。「伊豆の踊子」は現在に至るまでの間に、何度もドラマや映画化もされていて、伊豆を舞台にした撮影も頻繁に行われていました。その他にも、井上靖の「しろばんば」は伊豆を舞台にしている物語ですし、松本清張の「天城越え」も有名です。また熱海も多くの文学作品の舞台となっている地域で、熱海の代表的な文学作品といえば尾崎紅葉の「金色夜叉」といえます。「金色夜叉」は尾崎紅葉の突然の逝去のため未完のまま終わっていますが、当時から非常に人気のある作品となって、金色夜叉の舞台となったということで熱海に来ることにしたということも珍しくなかったほどでした。その他、熱海は多くの映画の舞台ともなっていて「女」や「東京物語」から、最近では「くれよんしんちゃん」に至るまで、熱海を舞台にした作品ができています。また伊豆・熱海は、東京にも近い上に温泉もあり、自然も豊かでくつろげる雰囲気があるということで、東京都内やその他関東近郊から、伊豆・熱海地方に移り住んだりする芸能人や有名人も多くいますし、伊豆・熱海地方出身の芸能人・有名人も多くいます。例えば伊豆なら、作家の井上靖をはじめ、研ナオコさんや石毛良枝さんは出身地が伊豆です。その他熱海では、二宮さよ子さんや早見優さんの出身地であるほか、熱海という土地に惹かれて熱海を生活の拠点にしてしまったという、押井守さん、橋田壽賀子さん、泉ピン子さんなどがいらっしゃいます。古くから熱海は、太宰治や志賀直哉、谷崎潤一郎などの文豪も定住したり滞在したりしていたことが有名です。また住居を構えて伊豆や熱海に定住しなくても、別荘を伊豆や熱海に購入している方もいらっしゃいます。
このような伊豆や熱海は、温泉と気候という非常に恵まれた土地によって、古くから保養地とされてきました。一時期は、会社の保養施設がある場所といえば伊豆や熱海で、国内社員旅行にもよく使用されている地域となっていました。ただ現在では、不況の影響を受けて保養施設の閉鎖や社員旅行の見直しなどが行なわれているため、伊豆や熱海を利用するお客さんが減少してきています。交通手段の発達によって、日本全国どこへでも行きやすくなったということや、日本各地に有数の温泉施設ができてきていることも、伊豆や熱海のお客さん減少に拍車をかけました。またバブル期を中心に乱立した大型ホテルも、その流行が過ぎ去ると閑散としてしまっているという現状があります。現在は、伊豆や熱海を訪れる観光客は、最も伊豆や熱海がにぎわった昭和40年代と比較すると、約6割も減少したと発表されています。

そのような現状を受けて、伊豆や熱海では観光客を呼び戻す作戦を数多く行なっています。そういった作戦や、近年の不況により旅行を近郊で済ませる方が増えてきたこと、伊豆や熱海の地域の再評価などが影響して、伊豆や熱海の観光客は底を脱したともとられています。

recommend

矯正歯科 上大岡
http://www.sugitakyousei.com/
犬服 通販
http://cuddly-ai.com/
グランドセイコー高額 買取
http://housekihiroba-kaitori.jp/%e8%85%95%e6%99%82%e8%a8%88%e8%b2%b7%e5%8f%96/%e3%82%bb%e3%82%a4%e3%82%b3%e3%83%bc
ロジェデュブイ買取ショップ
http://housekihiroba-kaitori.jp/%e8%85%95%e6%99%82%e8%a8%88%e8%b2%b7%e5%8f%96/%e3%83%ad%e3%82%b8%e3%82%a7%e3%83%87%e3%83%a5%e3%83%96%e3%82%a4

2016/3/4 更新

お問い合わせ